「向日葵ハ夜ニ咲ク」使えるかどうかのレビューを書くお(*´Д`)

 

<公式さんの概要>

 

人妻・陽里は、夫の仕事のミスを揉み消す交換条件の為、

夫の会社の社長秘書となり

「三ヶ月の間、社長の性処理をする」ことになってしまう。

 

じっくりと仕込まれていくうちに、

気丈な妻が身も心も快楽に堕ちていく…。

艶めかしい寝取られ劇!

 

 

<管理人の感想>

 

「サークル:真珠貝」の作品は

最初に抵抗を示す女性が、徐々に開発され、

最終的には完全に堕ちるところまで、

女性を征服していく過程を書き上げた作品が多いですね。

 

この作品でも、陽里が社長秘書として、

性欲旺盛な社長の性欲処理をする状況になってしまい、

最初は抵抗を示すのですが・・・

 

個人的に女性が快楽に溺れる姿、

堕ちていく過程は美しく、興奮しますw

 

あと、私は、「真珠貝」さんに関しては、

「ひょっとこフェラ」「タコフェラ」のフェラ顔が好きなんです。

 

美しい女性の不細工顔のギャップ、

そんな情けない姿、人様に見せたくない姿になってまで、

チンポに奉仕する姿に興奮を覚えます。

(アへ顔もいいですよねー)

 

あ、私の趣向はどうでもいいですねw

 

レビューどぞ

 

エロシーン1

 

陽里と夫とのラブラブセックスシーン。

 

陽里、おっぱいデカw

そして、どうやら○○が弱点のようです。

 

そして、夫のセックスシーン描写はこれで最後です。

残りのシーンは調教セックスばかりですw

 

エロシーン2

 

男の夢の一つ、オフィスでのフェラシーンです。

 

そう、陽里に机の下に潜らせて、自分は仕事するふりして

机の下ではチンポを咥えさせている、アレですw

 

しかも、陽里の夫と何食わぬ顔で喋りながら・・・

変わってくれ!w

 

エロシーン3

 

場所をホテルに変えて、翌朝までセックス調教です。

 

この時点では、陽里にも口答えや若干の抵抗を

する余力は残っていて、「愛する夫のため!」

と自分に言い聞かせるのですが、

体は熟練の技で絶頂までイかされ続け、

 

「私の体、準備しちゃダメ!これは違うの!」

「こんな男の子種を孕みたがっちゃ・・」

「ひぃあぁ」「ちんぽスゴひぃ」

 

など、体は意思とは反対の反応をしてしまいます。

 

エロシーン4

 

日々の奉仕と、変態エロ水着を着せてのセックスシーン。

 

「夫の為だから・・・」

「私は夫を愛している・・・」

「だから大丈夫・・・私は・・・大丈夫」

 

おおいw

その顔、大丈夫じゃないだろーw

 

エロシーン5

 

社長が出張で平穏な日々が戻った・・・

かと、思っていたはずなのに、

陽里の体は疼いてたまらない、

夫では満たされないカラダ・・・

 

最初は嫌悪していた社長に、

とうとう陽里から、ケツ穴を拡げながら

 

「アナルっ犯してっくださいっ!」

 

と懇願、アナルにチンポをブチ込まれて

 

「おほっおおおお」

「キタァ」

「んおぉ」

「くるくるぅ」

 

はい、完全に堕ちてますねw

 

エロシーン6

 

堕とされた後の描写は、ご想像どおりですw

 

夫が昼間、働いている時、

私はオフィスでアナルセックスに夢中になり

 

夫が一人で食事をしている時

社長のザーメンを貪り(むさぼり)

※私の好きなひょっとこフェラ顔キタ

 

おおいw

 

そしてついに、○○の提案が・・・

 

<実用度は?>

 

使えます、ひょっとこフェラw

 

という私の趣向は置いても、この作品は、

 

ボリューム、エロ画の質、そして、

征服欲を掻き立てるストーリー、

反抗的な態度からのギャップのアへ顔・・・

 

かなり実用的だと思います。

 

現実には、この社長のように、性奴隷調教なんて・・・

まぁ実際にしている人いるのかもしれませんが!w

 

男の願望、欲望を見事に描写した作品だと思います!