当サイトの意義について・・・実用、ヌクためのアダルトコミック、電子書籍の使い方について考える

 

病床に伏しておりましたので、久方ぶりの更新と相成ります。

 

更新していないにも関わらず

 

そしてまだまだ中身がしょぼい当ブログにアクセスしていただいた方がいて

 

ありがたいことだなぁと思いながら

 

これからどんなことを書いていけば訪問していただいた方のお役にたてるか

 

と考えてみました。

 

いきなりですが、私はオナニー愛好家です。
いえ、プロフェッショナルオナニストといっても過言でない回数をこなしています。

 

 

 

 

日本には上質なものから、粗悪なものまで、
アダルトな素材、いわゆるオカズに溢れすぎていて、
そんな世の中がこんな俺にしてしまいました(他罰傾向)

 

今まで難水溶性の紙、すなわちティッシュに散って行った我が遺伝子の数々・・・

 

ちょっと待て、オナニーこと自慰行為は果たして悪いことなのか?

 

無駄なことなのか?

 

否!

 

某研究によると、オナニーにはストレスや痛みを緩和する効果があるという。
これは、脳内でドーパミン、エンドルフィンという快楽を感じる物質が
放出されるからであると

 

 


※これドーパミン

 

 

ちな、このドーパミン、説教やクレーム、ギャンブル、
そしてドラッグをしているときにも放出されるらしいです。
(お金をがっぽり稼ぐ芸能人でもドラッグで逮捕されたりしてますね)

 

私は思います、ストレス過多な現代社会!
この現世(うつしよ)を生き抜くためには、
人々はドーパミンなど脳内麻薬にすがるしかないんじゃないか、と
(実物のドラッグはあかんですよ)

 

ドーパミンが不足していると、疲労感、やる気減退、集中力の欠如などが起こるらしく、
そんな状態ではとても現代社会を生き抜けないですよね。

 

オナニーの話に戻しますと、ドーパミンを放出する活動のなかで、

 

手軽
誰にも迷惑をかけない
妄想(オカズ)は自由(∞)

 

という点が、オナニーの優れた点であり、オナニスト(私を含む)を
正当化できる重要なポイントだと思います。

 

説教、クレーム、ギャンブル、ドラッグに比べ、なんと健全なことか!

 

誰にも迷惑をかけない自己完結能力

 

 


※自己完結の直訳

 

そうオナニーは!
健全な方法でドーパミンを放出する必要がある俺たちの最後の砦
(誇張表現)

 

と言っても聖人を除いて、ほぼすべての男子がオナニーするでしょうから、
私がことさらオナニーの必要性を力説する必要はないのかもしれません。
(女性だってするらしいよ!)

 

私が言いたいことは、こういうことです。

 

「オナニーは現代人に必要なこと」

 

 

「ならば、オナニーの質をあげることは大事なこと」

 

例えるなら、食事と同じかなと思うんです。

 

我々は死ぬまでに日々食事をしますが、
食事の質は良いほうが幸福感を感じる。

 

この「良い」という定義が人それぞれ違うという部分はありますが

 

可能であれば上質な方が良いというのは同意していただけるかなと

 

 

で、「上質」であるということについて考えてみるんですが

 

先ほども言いましたとおり、
良いと思うポイント、価値を感じるポイントというのは千差万別。

 

このサイトのタイトルには「実用度」という言葉を入れましたが、
解説当初は、「実用度が高い=上質」と思ってのことでした。

 

しかし、上記のとおり特定のモノを上質(実用的)

 

と断ずることは難しい・・・

 

例えに出した食事でも、

 

手軽な庶民店から、贅沢な高級店と様々あり、

 

安いから美味しくないわけでもなく、
高いからと言って絶対美味しいわけでもないですね。
(安い=まずい、高い=うまい、が成り立つ場合も多々ありますが)

 

ただ、改めて考えると、
上質であるための条件として、

 

選択肢の多様性があること
つまり、オカズの種類が多いことは必要である

 

と思いました。

 

選択肢が沢山あれば、
「千差万別の良い」に応えられる可能性がありますからね。

 

 

で、エロの選択肢、オカズの種類は今でもたくさんありますし、
これからも増えていくと思いますので、その心配はないです。

 

しかし、選択肢が沢山あるということは、

 

「どれにしようかな」
「これとこれはどちらがいいのか」

 

といった、
選ぶことにエネルギーが必要になる、という悩みが発生します。

 

 

 

現に、オカズの種類も数限りなく

 

無料、有料

 

二次元、三次元

 

動画、画像

 

女優、素人

 

ノーマル、マニアック

 

・・・・

 

切り口だけでも際限なくありますね。

 

「自分が気になるのを適当に選べばいーじゃん」

 

と言われると、その通りです(笑)

 

なんですけど、

 

適当に選んで後悔する

 

ということ、けっこうあったりしませんか?

 

私自身はオカズでも、オカズ以外でも、
ちゃんと選ばずに失敗するということを結構やらかしています。

 

例えば、

 

「レビューを調べずに利用した飲食店で金額に釣り合わない料理を出される」

 

「フリーで入ったピンサロで地雷を踏む」
※地雷=サービスが悪い嬢

 

「パッケージ、サンプルで良さげと思ったオカズを買うが、中身は・・・だった」

 

とかとか

 

「オカズを探しててウィルス食らったり、騙しリンク踏んでイラついたり」

 

なんてこともありますね。

 

まぁ、失敗して賢くなるのですけど、

 

知ってさえいれば、最初から省ける手間なので

 

ちゃんと選ばないことで発生する無駄とか、代償はあるんですよねやっぱ

 

その無駄を省いて、最初から、最短で

 

選んで良かった!って状態にたどり着ける方が良いじゃないかと

 


※フタを開けた瞬間、扉を開いた瞬間のガッツポーズってありませんか?
※大人男子の行くお店での逆パネマジとか(笑)

 

 

というわけで、つらつらと考えたことを書き連ねておりますが、
何が言いたいのかと言うと、

 

このサイトの意義としては、この

 

選んで良かった!のお手伝いができれば良いなと思ったわけです。

 

今まで、適当にエロ漫画のレビューを書いてきましたが、
改めて上記の意義を頭に入れながら更新していきます。

 

で、具体的に、選んで良かった、のお手伝いって何?

 

ということは、少し長くなりましたので、次の記事にて書いていきます。