実用、ヌクためのエロ漫画、電子書籍とは・・・当サイトの意義の続き

 

 

前回の続き

 

当サイトの意義について、
選んで良かった、のお手伝いって何?

 

を考える続きです。

 

ここにたどり着いた方は、
エロ漫画、アダルトコミック、二次元・・・のオカズを探している、興味がある、

 

そのような方だと思います。

 

もちろん、私もオカズにエロ漫画を使うのでこのサイトをつくりました。

 

 

で、インターネッツが発達している現代社会において、

 

オカズはエロ漫画だけではないのに、
エロ漫画をオカズにするのはなぜなんだ?

 

ってことを考えてみます。

 

私はエロ漫画だけをオカズにしているわけではないのですが、
(他にはAV、IV、グラビアもオカズにします)

 

エロ漫画をオカズにするのは、他のオカズとどう使い分けているのか

 

言い換えるならば、エロ漫画のオカズとしての魅力ってことですね。

 

プロフ画像

 

 

結論から言いますと、私が思う他のオカズと比べたエロ漫画の魅力は

 

現実(三次元)ではあり得ないレベル

 

デフォルメストーリー、このの二点かなと思いました。

 

デフォルメとは、wikiを参照すると

 

「デフォルメ(仏: deformer、動詞)、デフォルマシオン(仏: deformation、名詞)とは、
絵画や彫刻などで、対象を変形・歪曲して表現すること」

 

と書いてありますが、要するに、

 

おっぱい、お尻、クビレ・・・など、

 

性的興奮を覚える女性パーツが強調されていることです。

 

こんな感じで・・・

 

スタイル抜群な二次元の女性

 

ハリがあって、重力に逆らう巨乳!(下乳がさらに破壊力をマシマシ)
巨乳と釣り合わない漏斗のようなクビレ!

 

スタイル抜群の二次元女性

 

巨乳は言わずもがな、鷲掴みしたくなるプリプリのお尻!

 

今すぐに蹂躙したい!と思うのですよ。

 

現実の世界にもスタイルグンバツ(死語)の女性はいますが、

 

プロフ画像
※ハードプレイもこなすのに、スタイル抜群の篠田ゆうさん

 

プロフ画像
※後ろからガン突きしたいです(ジュルリ)

 

スタイルが良いと言われる女優さんでも、さすがに
エロ漫画でのデフォルメされた造形美には勝てません。

 

あと、言い忘れるところでしたが、
ピンクの乳首、アソコ、これもポイント高い!
と個人的に思います。

 

エロ漫画には、基本的に現実よりもスタイルがいい女性、
それもデフォルメされていて、そそる肉体の女性が登場する。

 

これがエロ漫画ならではの魅力のひとつめです。

 

そして二つ目、現実にはあり得ないレベルでのストーリー

 

ストーリーをwikiりますと

 

「ストーリーとは、小説、戯曲、映画、漫画等の創作物における筋のこと。」

 

筋というのは話の流れ、というニュアンスでしょうか
(裏筋チロチロする女子の顔って、なんて可愛いんでしょう)

 

裏筋フェラ
これはスジ違いでした、すいませんm(__)m

 

 

話を戻します。

 

私の考えるエロ漫画の魅力、現実にはあり得ないレベルでのストーリー

 

このストーリーという言葉は
話の流れ、そして作品の舞台設定、人物設定を含む意味で使っています。

 

 

私も今まで色々なエロ漫画を見てきましたが、
賢者タイムで冷静に考えると、

 

「ありえねぇ」

 

というストーリーや設定の作品の方が大多数です。

 

エロ漫画は、フィニッシュは中だし、かつ

 

男が絶倫で複数回射精がテンプレな感じですし、

 

3P(女の子が複数)やそれ以上の女の子をはべらせるのも当たり前にあります。

 

まぁ、中だしや3PもAVにはありますが、AV女優は確実に避妊していますし、
疑似という手法も使われますね。
※本物の精液ではなく、スキムミルクなどの偽精液を膣内に仕込む

 

エロ漫画の場合は、作品自体が
創作なので疑似云々は気にするものではないですし、

 

作品によっては、膣内での射精の様子を描写し、
妄想を膨らませるお手伝いをしてくれている作品もあります。

 


中出し描写


※「 姉はヤンママ授乳中in実家」より

 

で、中だし、3Pの設定ならAVでもまだ形にすることは可能ですが、

 

催眠術をかけて授業中の教室で中だしとか

 

彼氏に撮影させながら彼女の処女膜を姦通するとか

 

幽霊とセックスするとか

 

※具体的な作品はあとで紹介しますね

 

これらのような設定、ストーリはAVでは出来ないですし、
万が一撮影したとしても、疑似丸出しでかなりシラケそうです(笑)

 

ですが、エロ漫画であれば、
冷静に考えてあり得ない設定であっても、
オカズにしやすいです。

 

理由は、たぶん、先ほど言った通り

 

漫画という時点で創作、非現実であることが前提で、
それを受け入れている状態だからでしょうか。

 

妄想を膨らませる、オカズにすることに集中できる
とでも言いましょうか

 

現実では出来ないストーリー、設定を表現してくれること

 

先にお伝えしたデフォルメストーリー

 

この二点がオカズとしてのエロ漫画の優れた点と、私は考えます。

 

 

ですので、この二点を踏まえたオカズとしての実用度を、
このサイトでお伝えしていこうと思っています。

 

デフォルメは○○が脳汁ポイントです

 

ストーリー(設定)は○○が脳汁ポイントです
※脳汁=脳内麻薬、快楽物質

 

ですので、この二点に共感いただける方のお役には立てるかなと
思うのですが、

 

エロ漫画の魅力はそうじゃないだろー

 

という方にとってはあまり役立てないかもしれません・・・

 

 

でも、こうやって前提を共有しておけば、

 

知っておけばよかった

 

という無駄を排除できますので、大事なことだと思います。

 

 

と、ここまで考えたんですが、
このデフォルメとストーリーについても、

 

もっと具体的にどこが興奮するか?

 

という話が出てきます。

 

 

例えば、乳派、尻派、それ以外派
ストーリーにおいても、和姦・強姦、純愛・不純、現実・異世界・・・

 

あげればきりがないですね。

 

で、私自身の属性としてはM男、尻派(でも乳も好き)などなど

 

でして、デフォルメの部分は、尻派でプリッとしたお尻や、
アナル描写に興奮しますと言えますが、

 

ストーリーの方については、
なかなか固定の属性が○○です、とは言い難いです。

 

 

んー、このあたりの話はもう少し考えさせてくださいm(__)m
(次の記事にて)

 

 

【参考】

 

今までレビューを書いた作品で
デフォルメが顕著な作品としては、

 

 ムチムチ母娘とハメ放題!

ムチムチ母娘とハメ放題!〜巨乳な彼女の母親は更にボインな爆乳熟女でした〜

 

 こんなお爺ちゃんに感じさせられて…。

こんなお爺ちゃんに感じさせられて…。

 

 

この二作品はデフォルメという点で印象に残っていて、
巨乳、巨尻でハァハァしたい時は活用します。

 

キレイなおっぱいと乳首、局部で印象に残っているのは、

 

 


人妻家事代行サービス

 


事故物件×留学生〜四畳半の不可思議な情事〜

 

この二作品ですね。

 

 

ストーリーで例をあげました

 

催眠術をかけて授業中の教室で中だし
記事に飛ぶ

 

彼氏に撮影させながら彼女の処女膜を姦通する
記事に飛ぶ

 

幽霊とセックスする
記事に飛ぶ

 

これらは感想記事を書いていますので、参考にしてください